創薬ボランティアを募集中の治験

 現在、当院で創薬ボランティア(治験等にご協力いただける方)を募集中の治験(製造販売後臨床試験も含む)は以下の通りです。

 対象疾患の欄をクリックすると、それぞれの治験の年令条件や参加期間などの情報をみることができます。

 治験にご参加いただく場合の条件に当てはまらなかった場合や定員を満たしてしまった場合には、ご希望されても治験にご参加いただけない場合もありますのであらかじめご了承下さい。

 治験について、ご興味のある方、もっと詳しく知りたい方は下記問い合わせ先までご連絡ください。

 お問い合せ先

島根大学医学部附属病院 臨床研究センター 治験管理部門

  • Tel 0853-20-2492(平日 9:00~17:00)
  • E-mail tiken@med.shimane-u.ac.jp

お問い合わせフォームメールはこちら

 

対象疾患一覧 

※ 対象疾患名をクリックすると詳細説明に飛びます。

対象疾患など 実施診療科
子宮頸がん 産科婦人科
骨髄異形成症候群 腫瘍・血液内科
潰瘍性大腸炎(活動期) 消化器内科
関節リウマチ1 膠原病内科
関節リウマチ2 膠原病内科
遅発性ジスキネジア 精神神経科
がん性疼痛 麻酔科
アトピー性皮膚炎 皮膚科
アトピー性皮膚炎 小児科
胃食道逆流症 消化器内科
再発または再燃びまん性大細胞リンパ腫 腫瘍・血液内科
成長ホルモン分泌不全性低身長 小児科

 

----子宮頸がん----

☆治験に参加していただける方 

 子宮頸がんの治療を初めて受ける21歳から79歳までの方

☆参加していただく期間                           Z-100

 約5~7年(予定)

☆治験の内容  

 治験薬を使用し、有効性・安全性を評価します

☆募集期間

 2018年6月30日まで(予定)

一覧表へ戻る

----骨髄異形成症候群----

☆治験に参加していただける方

  • 骨髄異形成症候群と診断されている18歳以上82際未満の男女
    (妊婦・妊娠の可能性のある方、期間中妊娠を希望されている方、授乳中の方は対象外)
  • 週1回の来院が可能な方。その他、治療に合わせた入院が可能な方。

☆参加していただく期間 

 観察期間:2週間~4週間

 投与期間:

  →治験薬グループの場合:1サイクル2週間を8回行い、その後は1サイクル4週間隔で繰り返します。

  →医師選択治療を行うグループの場合:担当医と決定した治療法を、効果が続くまで繰り返します。

☆治験の内容 

 治験薬グループと医師選択治療グループとで、有効性・安全性を比較・評価します。

☆募集期間

 2018年5月末頃(予定)

一覧表へ戻る 

----潰瘍性大腸炎(活動期)----

☆治験に参加していただける方 

  ・20歳以上75歳未満で外来通院ができる方

 ・今までの治療で十分な効果が得られなかった方

 ・副作用などにより継続した治療が困難だった方

☆参加していただく期間             E6007

 ・約35週間(服薬期間8週間)                   

☆治験の内容  

 治験薬を使用し、有効性・安全性を評価します。

☆募集期間

 2017年8月12日まで(予定)

一覧表へ戻る

----関節リウマチ1----

☆治験に参加していただける方 

 ・20歳以上の方

 ・関節リウマチの方(メトトレキサートで十分な効果が得られなかった方)

☆参加していただく期間             

 最長62週間(服薬期間52週間)                    

☆治験の内容  

 治験薬を使用し、有効性・安全性を評価します。

☆募集期間

 2019年2月28日まで(予定)

一覧表へ戻る

----関節リウマチ2----

☆治験に参加していただける方 

 ・20歳以上の方

 ・関節リウマチの方(生物学的疾患修飾性抗リウマチ薬で十分な効果が得られなかった方、副作用などにより継続した治療が困難だった方)

☆参加していただく期間             

  最長32週間(服薬期間24週間)                 

☆治験の内容  

 治験薬を使用し、有効性・安全性を評価します。

☆募集期間

 2018年4月30日まで(予定)

一覧表へ戻る

----遅発性ジスキネジア----

☆治験に参加していただける方 

 ・ 20歳以上85歳以下

 ・ 抗精神病薬などを長期間使用している患者さんで身体のどこかが勝手に動いてしまう症状*がある方

   *口をもぐもぐさせる、繰り返し唇をすぼめる、勝手に手や足先が動いてしまう等

 

☆参加していただく期間 MT-5199            

 ・56週間(前観察期間4週+投与期間48週+後観察期間4週)                   

☆治験の内容  

 治験薬を使用し、有効性・安全性を評価します。

 

☆募集期間

 2018年6月30日まで(予定)

一覧表へ戻る

 

----がん性疼痛----

☆治験に参加していただける方 

 ・がんの告知を受けている20歳以上の方

 ・現在、がんの痛みに対して治療を行っていない方

 ・外用剤、絆創膏などによって皮膚が過敏症を示さない方

☆参加していただく期間 HP-3150            

 ・最長8週間               

☆治験の内容  

 治験薬を貼付し、有効性・安全性を評価します。

☆募集期間

 2019年1月31日まで(予定)

 

一覧表へ戻る

----アトピー性皮膚炎----

☆治験に参加していただける方 

 ・アトピー性皮膚炎と診断された13 歳以上の方

 ・既存のステロイド外用薬又はタクロリムス水和物軟膏や抗ヒスタミン薬及び抗アレルギー薬による治療で、かゆみが残っている方

 ・かゆみについての評価が適切にできる方

☆参加していただく期間nemolizumab皮膚科             

 約79週間(約1年6か月)、投薬期間は64週間

☆治験の内容  

 治験薬を注射し、有効性・安全性を評価します。

☆募集期間

  2018年9月30日まで(予定)

一覧表へ戻る

----アトピー性皮膚炎---

☆治験に参加していただける方 

 ・アトピー性皮膚炎と診断された6歳以上12 歳以下の方

 ・ステロイド外用薬又はタクロリムス水和物軟膏や抗ヒスタミン薬及び抗アレルギー薬による治療で、かゆみが残っている方

 ・かゆみについての評価が適切にできる方

☆参加していただく期間nemolizumab小児科             

 約15 週間(約4 ヶ月)

 なお、投与回数は1回となります。

☆治験の内容  

 治験薬を1 回皮下注射した際の有効性・安全性および、

 治験薬の成分がどれくらい体内に吸収されるかを調べます。

☆募集期間

 2019年2月28日まで(予定)

 ただし、参加される時期により治験薬の投与量が違います

一覧表へ戻る

----胃食道逆流症----

☆治験に参加していただける方 

 ・プロトンポンプ阻害薬を8週間以上服用しているにも関わらず、胸やけや呑酸(どんさん)(のどの辺りや口の中が酸っぱい(苦い))が繰り返しあり、困っている方

・20歳以上90歳未満の男女

・治験期間中、服薬の記録、胸やけや呑酸などの症状の記録を毎日書いて頂ける方

☆参加していただく期間             

 最短35日間、最大63日間(最低5回来院)                   

☆治験の内容  

 ・ボノプラザンフマル酸塩錠へ治療を変更し、その新しい治療の開始前と終了後に治験薬を服用して呼気試験を実施し,呼気試験の結果とボノプラザンフマル酸塩錠による症状
の改善との関連性を調べます。

・治験薬の安全性も調べます。

☆募集期間

 2018年8月まで(予定)

一覧表へ戻る

----再発又は再燃びまん性大細胞型B細胞リンパ腫----

☆治験に参加していただける方 

 ・びまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断されている20歳~75歳の方

 ・歩行が可能で、軽作業や座っての作業はできる方

☆参加していただく期間             

 観察期間:2週間

 投与期間:1サイクル3週間、最大6サイクル繰り返します。

 追跡期間:2019年5 月頃まで、3か月ごとにお体の状態を調べさせていただきます。                   

☆治験の内容  

・治験薬を使用し、有効性・安全性を評価します。

☆募集期間

 2018年9月5日まで(予定)

一覧表へ戻る

----小児成長ホルモン分泌不全性低身長----

☆治験に参加していただける方 

 ・男の子:3~11歳、女の子:3~10歳

 ・身長が平均身長より低い方(同世代の下からおよそ3パーセント以内の方)

 ・過去に成長ホルモンの投与を受けたことがない方

 ・その他、治験で決められた基準を満たされている方

☆参加していただく期間             

 56週間(治験薬投与期間:52週間 後観察期間:4週間)                  

☆治験の内容  

・治験薬を使用し、有効性・安全性を評価します。

☆募集期間

 2018年9月まで(予定)

一覧表へ戻る